Bumble-Bee

好きなお酒、どうでも良い事、ダサい工作の覚書です。気が向いた時に更新しまーす。

効果有り?ブログランキングサイトへの登録について

5月7日は連休最終日でした。部屋でのんびりしていると「パパ!ちょっとボーっとしてないで少しは手伝ってよ!!」と神の声が飛んで来ました。

最近暑くなって来たので、かみさんは布団を入れ替えていたご様子でした。どうやら押入れの整理が始まったようで、この箱は要るの?なぜ捨てないの?何時整理するの?
と次々に質問が飛んで来ます。

ゆっくりブログを整理しようと思っていたのですが、神の指示が我が家では最優先・緊急対応事項です。こんな噴火寸前の状態は避難ではなく積極的な消火活動が必要です。
お昼過ぎから子供達も巻き沿いになって家の中の整理が始まりました。(涙)

前置きが長くなりましたが、今回は「ブログ開設直後にやっておいた方が良いこと」を備忘録でまとめて見ました。

 内容は難しくないのですが、必要以上に細かく手順を説明するので、2回に分けてアップします。第1回はブログ開設後のブログランキングサイトへの登録方法について説明します。

ブログランキングサイトへの登録方法

ブログを始めたばかりの時は、検索からの流入もなく誰からの訪問もない時期がしばらく続きますが、ブログランキングサイトへ登録すると興味を持った方からの訪問が期待できます。但し、登録しただけでアクセス数が飛躍的に増加する訳ではありません。

注意しなければならないのは、欲張ってたくさんカテゴリーを登録することでアクセス増を期待しても、「二兎を追いものは一兎をも得ず」「虻蜂取らず」という諺もあるように上手くは行きません。

"あトん"も旧サイトで登録してましたが、特定分野であっても上位80位以内に入ったことは一度もありませんでした。ライトな気持ちで活用した方が良いと思います。

 それでは国内大手ブログランキングの大手3サイト(「人気ブログランキング」「ブログ村」「FC2ブログランキング」)への登録の手順について解説します。

まず最初に「人気ブログランキング」への登録方法を説明します。

「人気ブロクランキング」への登録

blog.with2.net

Step1

新規登録をクリック

Step2

「今すぐ人気ブロクランキングに参加する!」をクリック

Step3

「メールアドレス」「パスワード」「名前」を入力

Step4

「ブログURL」を入力し「上記URLからタイトル・説明文を取得する」をクリック

Step5

自分がイメージするカテゴリがあるか、検索窓に「キーワード」を入力。

Step6

自分のイメージと合った「カテゴリ」をクリック

Setp7

登録が終わったら「割振率」を設定し「確認画面」をクリック。
最大5つ迄登録できますが、ある程度絞ることをお勧めします。

Step8

最後に「登録する」をクリックし終了です。

次に「ブログ村」への登録方法を説明します。

ブログ村」への登録方法

www.blogmura.com

Step1

「新規登録」をクリック

Step2

「メールアドレス」「パスワード」「ハンドル名」「ブログタイトル」「ブログURL」
「サイト紹介文」を入力

Step3

自分のイメージに合うカテゴリが有るか調べる為「カテゴリ全一覧」をクリック

Step4

検索窓に「キーワード」を入力しイメージに合うカテゴリを確認

Step5

「カテゴリ」と「割振率」を設定し「ご利用規約に同意して確認」をクリック。
「カテゴリ」は最大3つ迄登録できますが、ある程度絞ることをお勧めします。

Step6

「登録」をクリックして終了

最後は「FC2ブログランキング」への登録方法です。

FC2ブログランキング」への登録

blogranking.fc2.com

Step1

「無料新規登録」をクリック

Step2

「メールアドレス」「画像認証」を入力後「利用規約に同意しFC2IDへ登録する」
をクリック

Step3

「メールアドレス」「パスワード」「秘密の質問」を登録する

Step4

「ユーザ情報の入力に進む」をクリック

Step5

利用規約に同意して登録する」をクリック

Step6

「ブログタイトル」「URL」「ブログ紹介文」を入力し、
「カテゴリの追加」をクリック

Step7

カテゴリを選択

Step8

カテゴリの割振率を設定後、「入力確認画面へ」をクリック

Step9

「登録する」をクリックし終了

まとめ

以上で3サイトへの登録手順の説明は終了です。但し、最後に重要な設定が必要です。

はてなブログ」はping送信機能が削除されているので、ブログランキングサイトは投稿記事を認識できません。このままでは都度ブログランキングサイトにログインし手動でping通知を行わなわないと新着記事欄に表示されません。

こんな面倒なことは避けたいので、これを自動で行う方法を次回説明します。