Bumble-Bee

好きなお酒、どうでも良い事、ダサい工作の覚書です。気が向いた時に更新しまーす。

NTTの「セキュリティ対策ツール」が使えなくなった

ウイルス感染が心配ば"あトん"です。 

フレッツ光」を「ソフトバンク光」に転用したら、NTTの「セキュリティ対策ツール」が使用できなくなりました。 

「セキュリティ対策ツール」期限切れ 

セキュリティ対策

転用後の「セキュリティ対策ツール」の利用について

光コラボレーションに転用すると、「セキュリティ対策ツール」が利用できなくなる場合があるらしい。 

セキュリティ機能 

「光コラボレーション事業者さま」及び「お取り扱いサービス」一覧を調べたところソフトバンクは、【転用の場合のみ】セキュティ対策ツール(1ライセンス分): ※3

※3 提供の有無は、光コラボレーション事業者さまへお問い合わせください。と書かれてある。 

セキュリティ対策ntt 

この表現だと、1ライセンス分使えるように見て取れるのですが、よく分からない。

さっそく、ソフトバンク光のサポートセンターに電話し、毎度おなじみ「只今電話が大変混み合ってます。しばらくお待ちください。」の音声メッセージを経て待つこと5分、運良く無事オペレータに繋がった。 

オペレータに事情を説明し、調べてもらった回答は、「お客様はNTT西日本なので対象外となっており、使用できない。NTT東日本であれば使用できる。」との説明であった。 

なぜNTT西日本だと使用できないのか理由を聞いても、そのような設定になっているとのこと。

これ以上オペレータに突っ込んでも可哀そうなので、お礼を言って電話を切りました。 

NTT西日本さん、ソフトバンクさん、NTTの「セキュリティ対策ツール」はなぜ西日本ユーザは使えなくて、東日本ユーザは使えるのでしょうか。

フレッツの西日本ユーザだけ冷遇されているようで、感じ悪いですよ! 

ちなみに2016年2月24日時点での光コラボレーション事業に参入している業者数は、

NTT西日本が198社東日本が258社と、東日本が西日本より約30%多い。

一方、NTT東日本、NTT西日本のサービス提供地域は、西日本の方が多い。 

NTTサービス提供 

まあ、NTTの「セキュリティ対策ツール」は有れば無いよりはマシな程度のツールですが、当面PCの保護はWindows Defenderだけになります。

危険なサイトには積極的に近づかないようにしまーす。